グローバルのgulp 3.9.1を4.0.2にアップデートしたいがアンインストールできない件の解決法

2020年10月15日

kv

WEB工房しずおかの小塩です。

フロントエンドの開発環境は、目まぐるしく移行するもの。 時代遅れにならないように、時々見直しが必要ですよね。

数年前からgulp 3.9.1を使っていたのですが、開発プロジェクトの環境と合わせるためにgulp 4.0.2へとバージョンのアップデートをしたく思いました。

しかし、これがまた難航し、とても苦しんだので解決方法を記しておきます。同じことで苦しむ誰かの役に立つことを願って。

gulp 3.9.1は厄介者らしい

グローバルとローカルにインストールされているgulpのバージョンを合わせるために、

  • グローバルのgulpをアンインストール
  • その後新しいバージョンのgulpをインストール

という手順を踏むことにしました。

npm uninstall gulp -g

このコマンドを実行後

gulp -v

を実行すると、今まで通りグローバルとローカルのバージョンが表示された。

その後、えいや!と無理矢理インストールを試みるもエラー表示が。

コマンドプロンプト

調べてみたところ、gulp 3.9.1は通常の方法ではアンインストールできないらしいです。

gulp 3.9.1を強制削除

コマンドプロンプトからではなく、エクスプローラーから削除を行います。

C:\Users\<username>\AppData\Roaming\npm
C:\Users\<username>\AppData\Roaming\npm\node_modules

上記ディレクトリ内の存在するファイルで、ファイル名やディレクトリ名に「gulp」を含むものをすべて削除してください。cacheディレクトリが存在する場合には、その中についても同様です。

その後

npm install gulp-cli -g

こちらを実行すれば、新しいバージョンのgulpがグローバルにインストールされます。

新しいバージョンをインストール後、

gulp -v

を行ったところ、

CLI version: 2.3.0

となりましたが、問題なく動作しています。 よくわかりませんが、こういうものらしいです。

Macでのやり方も、追って掲載するつもりです。


この記事を書いた人

小塩 二郎

盆栽とサイクリングが趣味です。
標高400m程の山に登り、山頂でボーっとするのが至福。
© WEB工房しずおか