WordPressをやめてGatsbyでブログを制作

2019年10月07日

WEB工房しずおかの開業以前から運用していた弊社のWordPressサイトをリニューアルすることにしました。

世界シェアが断トツで1位のWordPressですが、できることならば使いたくありません。

理由は、

  • WordPressは使われすぎ
  • 表示をもっと早くしたい
  • 新しい技術に触れてみたい
  • サイトの構造をシンプルにしたい

というものです。

WordPressを否定しているわけではありません。

サイト運用のしやすさ情報量の多さは、WordPressの大きな魅力でありますし、今後もこの傾向はしばらく続くと思います。

ミーハーな気持ちもあって、話題の静的サイトジェネレーターであるGatsbyに手を出しました。

静的サイトジェネレーターGatsbyの長所

  • 表示の速さ(超絶速いです)
  • 構造のシンプルさ
  • 記事管理やバックアップが簡便

などです。それぞれについて、見ていきましょう。

Gatsbyは表示が超絶速い

これは最初、目を疑いました。サイト内でのページ遷移など、ローカルのHTMLファイルを読み込んでいるような感覚です。

ページ遷移での待ち時間がゼロ!

原理について調べてみると、ページ遷移の際に、遷移前後のソースコードで異なる部分のみを読みかえるというものでした。 ヘッダーやフッターなど、共通している部分が多数あるので、理にかなった技術といえます。

とにかく、本当に速いです!

Gatsbyサイトは構造がシンプル

WordPressと比較をした場合に一番の大きな特徴は、Gatsbyはデータベースを使用していません。

もちろん、PHPも使用していません。

すべてのページを静的に読み込んでいます。(だから静的サイトジェネレーターと呼ばれています)

ページを表示する際に、データベースサーバーにアクセスする必要もありません。

データベースにアクセスするためのソースコードもサーバーには存在しません。

それがゆえに、ページ表示が速く、WEBサイト構造もシンプルになるのですね。

Gatsbyはブログ記事の管理とバックアップが簡便

Gatsbyはマークダウンでの記述が可能です。

マークダウンとは、HTMLを直感的に記述できるような言語です。(HTMLの知識があれば、簡単に習得可能)

記事ごとにフォルダを作り、マークダウンファイルと画像ファイルを置くような感じで管理ができますので、バックアップを取る際にも単純にこれらをコピーすればOKなのです。

WordPressでのバックアップはプラグインに頼ったり、phpMyAdminにログインをし...といったプロセスが必要ですが、Gatsbyはこういった手間が一切ありません。

驚くほどに便利です。

WordPressの短所

  • 表示が遅い
  • 不具合が多い
  • 攻撃を受けやすい
  • カスタマイズができてもエンジニアとしての力量が認められない

などです。こちらもそれぞれについて、解説いたします。

WordPressは表示が遅い

最近では説明不要の周知の事実かと思います。

表示を高速化したテーマ、高速化プラグイン、WordPress専用サーバー…

色々と高速化をする工夫がなされ、少しは改善されているかとは思います。

しかし、キャッシュ系のプラグインを使えばソースコードの修正などが反映されなかったり、WordPress専用サーバーは月額費用が高かったり、etc…

そもそも、WordPressが遅いんです。遅いものを速くしようとしたって、限界があります。

もちろん、WordPressを使うのが最も懸命というサイトもたくさんあります。そういったサイトはWordPressを選択するのが最善に決まっています。

私がここで言いたいのは、単純なブログサイトや、数ページの固定した内容しか存在しないサイトにまでもWordPressを使う必要は無いということです。

なんでもかんでもWordPressにして、表示の遅さに嘆くのはやめましょう!

WordPressは不具合が多い

WordPressでサイト運用をしていると、想定外の動作に悩まされることがしばしばあります。

WordPressそのものの不具合というよりかは、様々なプラグインとの兼ね合いによるミスマッチというのが正しいかもしれません。

こういった不具合は検証にも時間がかかりますし、検証したところで解決ができないことがほとんどです。

高機能すぎるがゆえの不具合かと思います。

不具合が起こりにくい、もっとシンプルなシステムを使いましょ。

WordPressは攻撃を受けやすい

WordPressの管理画面ログインページは、大半が「ドメイン/wp-login.php」です。

ログイン画面が現れたら、ユーザー名パスワードを入力すれば、ログインできてしまいます。

世界のサイトの25%はWordPressで作られているというデータがあります。

そりゃ、攻撃もされますよね。

この点、Gatsbyのような静的サイトはデータベースを使っていないので、データ改ざんをされるリスクがとても低いのです。

WordPressは多くの人がカスタマイズできる

これは長所にもなりえますが、エンジニアとしては短所の側面が大きいと思います。

非エンジニアの方でもWordPressを扱っている人は多いですし、プラグインやテーマの開発まで行っています。

今後は、中学生や小学生がWordPressを自在に操るような時代になること間違いなしです。

そんな中で、WordPressのカスタマイズができても、誇れるような実績とはなりません。

「WordPressはできて当たり前」になりつつあります。

エンジニアであるのならばWEB制作において、WordPress以外の手段を持っておくことが大事です。

GatsbyでWEBサイトを運用

そんなわけで、WEB工房しずおかのWEBサイトはGatsbyにて運用することにしました。

WEBサイトリニューアルのタイミングで、サーバーもConoHaのVPSに変更し、DockerでNginxのコンテナを立てるなどしております。

このブログでは、このあたりの作業を紹介していきたいと思っています。

とにかく速い速いGatsby、とても楽しいです。

WEB工房しずおかサイトリニューアル


小塩 二郎

記事作成:合同会社WEB工房しずおか 小塩 二郎
Twitter:@Web_Shizuoka
公式LINE:合同会社WEB工房しずおか
お気軽にお問い合わせください。
問い合わせフォームもございます。