静岡で1番親切説明なWordPressのインストールとmysqlなどの準備方法

WordPressインストール前の準備

WordPressをインストールする前にすべきことがあります。それは、MySQLにてデータベースを準備するということです!とても簡単なのでサクッと終わらせて、WordPressのインストールへと進みましょう!

※ これより先は、私の環境での説明となります。適宜自分の環境に置き換えて作業を行ってください。

MySQLに接続しデータベースを作成する

まずは、MySQLへの接続です。

$ mysql -u root -p

パスワードを打ち込んで接続してください。WordPress用のデータベースを作成します。

create database yourdata;

yourdata部分がデータベース名となります。わかりやすい名前に指定してください。

そして、データベースユーザーを作成します。grant all on yourdata.* to 'username'@'localhost' identified by 'yourpassword';yourdataは、先ほど作成したデータベース名です。
username部分がユーザー名です。任意で変更してください。
yourpasswordは、今回作成したデータベースの接続に必要なパスワードです。任意で変更してください。

以上で、WordPress用のデータベースの作成は終了です。
簡単でしたね!

上記で設定した

  • データベース名:yourdata
  • データベースユーザー名:username
  • パスワード:yourpassword
  • ホスト名:localhost

は、WordPressインストール時に必要な情報ですので忘れずに!

さぁ、いよいよインストールです!

WordPressのインストール

私の運用環境・設定での記述となりますので、私のWordPressの運用環境を箇条書きにて紹介いたします。

  • サーバー:さくらのVPS 1G
  • ドメイン:お名前.com
  • OS:CentOS 6.3
  • WordPressバージョン:3.4.1
    (バージョン4.8.1現在も同様)
  • PHPバージョン:5.4.6
  • Apacheバージョン:2.2.15
  • ApacheのルートディレクトリがWordPressのトップページ

上記環境で、不便は一切しておりません。

WordPressをルートディレクトリに設置

WordPress日本語版公式サイトからZIPファイルをダウンロードします。 そして、WordPressというフォルダの中身をすべてルートディレクトリにアップロードします。

※ ApacheのルートディレクトリにWordPressの「index.php」がある状態です。WordPressフォルダごとアップすると、少々話が変わってきます。

これだけで、ファイルの設置は終了です! 続いてデータベースとの通信設定です!

WordPressのデータベース情報を入力する

まずはブラウザでサーバーにアクセスしましょう。 ルートディレクトリが表示されるURLにアクセスしてください。 すると、このような画面になると思います。 WordPressのインストール  設定ファイルを作成するというボタンを押せばOKです。この方法でうまくwp-config.phpが作成できない場合には、

  • ルートディレクトリのパーミッションを変える
  • WordPressに同梱されているwp-config-sample.phpというファイルをコピーしファイル名をwp-config.phpとする

などの対策があります。

WordPressインストール

続いて、MySQLのデータベース情報の入力です。WordPressインストール前の準備項で紹介したようなMySQLの情報です。 データベースがまだ準備できていない場合には、簡単に作成できますのですぐに準備を!

WordPressのインストール

それぞれの設定情報を入力してください。 一番下のテーブル接頭辞はデフォルトのままでOKです。 送信ボタンを押してください!

WordPressのインストールもし、この画面が出てしまったら入力情報を確認してみてください。 私の場合は… ホスト名が間違っていました。

適切にデータベースの情報が入力できたのならば、この画面が表示されます。 さて、インストール実行ボタンを押しましょう!WordPress運用開始まで、あと一息です!

WordPressサイト情報を入力する

WordPressのインストール 続いて、サイトのタイトル・ユーザー名・パスワード・メールアドレスを入力します。 これらの情報は、後で変更ができますので暫定的な情報でも構いません。 ユーザー名パスワードは、WordPress管理画面にログインする際に必要となりますので、忘れないようにして下さい。 検索エンジンによるサイトのインデックスは、許可しておいた方がいいと思いますのでチェックしておいてください。WordPressをインストールボタンを押すと...

WordPressのインストール やりました! WordPressのインストールが完了しました! これでWordPress運用が開始できます。 ログインボタンを押すと...

WordPressのログイン画面が開きます。 このページをブックマークしておくと、後々に便利です! サイト情報入力時に設定したユーザー名パスワードでログインできます。 さて、これにてWordPressでのサイト構築が始まります。 いよいよ始まるんです! 頑張りましょう!